学校法人 キャリアテクニカ学園 ロゴ

日本自然環境専門学校

自然環境保全をリードする人材を育てる「環境の総合専門学校」

森林調査とICT 林業編

林業GIS
森林調査をするときの装備

森林内で自分の位置を正確に特定し記録することは難しいとされてきましたが、GPSを用いればすぐに位置を知ることが出来ます。特に近年のタブレット端末の普及によりリアルタイムで自分の位置を地図上に示すことが安価で出来るようになりました。モバイルGISを使用することで更にその位置での調査データをリアルタイムに入力できます。また、通信ができる林内であれば、リアルタイムで会社の事務所のパソコンで結果を見ることも可能です。


⇒

林業での利用例

レーザー樹高計
レーザー樹高計で迅速に樹高を測る

林業では自分が管理する森の木々を一本ごとに樹高や太さ、位置を記録します。その記録に基づきその林地の価値の評価が出来ます。GPSで位置を取得し、モバイル端末上で樹高などを入力すれば正確で早い仕事が出来ます。紙に書いたものを入力する2度手間も防げます。


レーザー樹高計
レーザー樹高計を覗いた画面

一昔前の樹高測定はブルーメライス測高器や測竿等アナログ機械を使っていましたが、現在はレーザ樹高計を使用するケースが増えています。こちらで測定した樹高は、自動でタブレットに入力することもできます。また、電子コンパスを内蔵しているのでコンパス測量をして、土地の面積や位置を測ることも出来ます。


デジタルでやるメリット

コンパス測量
アナログなコンパス測量

例えば上記のレーザーを使った器械を使うと、距離を測るのはボタンを押すだけです。少し前まではメジャーを2人で引いて・・・・なんてやっていました。つまり、省力化が図れるということです。また、コンパス測量ではリアルタイムにタブレット端末に測量結果(図面と誤差計算など)が表示されるので、誤りに現場で気づくことが出来ます。


アナログを否定しているような流れでしたが、アナログ的な手法についても、学ぶことに意味がありますし、就職先でIT化が進んでいない場合も想定されます。本校では基本を押さえるという意味でも古いスタイルについても実習を行います。

ページの
TOPへ