学校法人 キャリアテクニカ学園 ロゴ

日本自然環境専門学校

自然環境保全をリードする人材を育てる「環境の総合専門学校」

生態系調査とGIS使用例

⇒

人工衛星画像と現場調査による森林植生の調査

植生図
森林実習場の植生分布 卒業研究より

調査地にどのような植物(植生)がどこに分布するかを調べることは、自然環境の調査では良く行われます。その植物の分布は動物(特に昆虫は顕著)の生息にも大きく影響します。図は森林実習場の植物(植生)の分布を衛星写真と現地調査でGISを用いて図化したものです。


衛星画像とGIS
人工衛星画像をGISで読み込む

調査に使用する写真の種類も昔は航空写真(正式には空中写真と言う)が主流でしたが、近年、人工衛星で撮影した写真が民間でも使えるようになってきました。また、ごく最近ではドローン(マルチコプター)と呼ばれるラジコンを使用し、森林上部から写真撮影を手軽にかつ安価に行い環境調査に利用する調査会社も出てきました。


植生調査
植物の現地調査

衛星写真上である程度の植生は判別できますが、最終的には自分の目で確かめに行く必要があります。また、植生の詳細な構成を調べるために現地調査は欠かせません。現地調査では、植生調査を行いある一定の面積(例:10m四方)にどういう植物がどれくらいあるかを調査します。


野生動物の行動への応用

動物行動調査
自動撮影で撮影されたニホンザルの群れ

動物調査のうち簡単なものでは痕跡(糞、体毛、足跡、食痕)の調査があります。これも、現場へGPSとモバイル端末(GIS)を持ち込めば、効率的に調査が出来ます。得られたデータにより、森林内のどの場所に動物の痕跡があるかが分かり、動物の行動が分かります。前述した植物の分布をGIS上で重ねれば植生と動物の関係が分かります。


動物行動調査
ラジオテレメトリーの実習

高度な動物行動の調査においては、サルやシカなどを一度捕獲し、発信器と小型のGPSを付けて放すことにより、詳細な行動を把握することが出来ます。


ページの
TOPへ