学校法人 キャリアテクニカ学園 ロゴ

日本自然環境専門学校

自然環境保全をリードする人材を育てる「環境の総合専門学校」

自然環境保全科

2年制 定員:30名

生態系や自然環境を守る知識と技術を
基礎から学ぼう

  • 森林
  • 植物調査
  • 河川調査
  • 昆虫調査
  • 里山調査
  • 鳥類調査
  • 森林植生調査
  • 河川生物調査

目指す職業の例

※環境の仕事について知りたい人は「環境の仕事大研究」のページをご覧ください。

  • レンジャー(国・地方公共団体)
  • 森林管理(林業・公務員)
  • 環境調査会社(環境アセスメント・生物調査)
  • 河川管理(建設業・設計)
  • 森林官(林野庁)
  • 造園業(公園管理・ビオトープ)
  • ネイチャーガイド 等

学科の特徴

  • 自然環境の調査方法を基礎から学べます。
  • ほぼ毎週野外で生物や環境を調査し技術を深めます。
  • 破壊された自然を修復する技術を学べます。
  • 小学校などにビオトープを設計、工事を行う実践的な実習があります。

自然環境調査、環境保全のエキスパートを目指そう!

人間の活動により自然環境が破壊され、多くの動植物が絶滅の危機に直面しています。自然環境保全科では森林や河川など自然生態系を調査する方法を学び、その現状を把握し、環境保全に貢献する人材を育成します。壊れた生態系をビオトープや多自然型自然工法等の技術で復元、保全し、絶滅危惧生物の増殖・保護に取り組むための考え方や現場の技術を習得することが出来ます。

カリキュラム(講義・実習一覧)

自然・環境の基礎
生物・環境調査技術
  • 野生動物調査法
  • 動植物生態野外実習Ⅰ
  • 動植物生態野外実習Ⅱ
  • 樹木診断学
  • 生物分類Ⅰ~Ⅱ
  • 植物学演習
  • 動物学演習
  • 報告書作成法
  • DTP演習Ⅰ
  • 佐渡実習Ⅰ~Ⅱ
  • 佐渡臨海実習
  • 亜熱帯生態系実習
  • 冬山実習Ⅰ~Ⅱ
自然環境保全・修復
  • 環境復元実習Ⅰ
  • 環境復元実習Ⅱ
  • 環境復元論
  • 植物栽培論
  • 環境緑化パース演習Ⅰ~Ⅱ
  • CAD設計演習
  • CAD利用技術論
  • ビオトープ論
  • ビオトープ管理要論
  • 造園学実習Ⅰ
  • 造園設計デザイン
  • 環境マネージメント論
森林・林業
  • 林業概論
  • 森林生態学
  • 林業生産論
  • 林業土木機械実習Ⅰ
  • 林業土木機械実習Ⅱ
  • 森林測量実習
  • 林業実習Ⅰ
  • 林業実習Ⅱ
  • 林業土木機械保守
  • 樹木学
  • 木工工作実習Ⅱ
  • チェーンソー技術
  • ワイヤーロープ取扱
就職対策・社会人教養
  • コンピュータ演習Ⅰ~Ⅱ
  • WebデザインⅠ~Ⅱ
  • マーケティング要論
  • 就職対策
  • ビジネス能力
  • 森林官・レンジャー等公務員を希望する方は上記の講義のうち造園に関わる講義・実習の代わりに公務員試験対策授業を受講できます。
  • 他学科の講義も一定の単位数まで受講することが出来ます。
  • 他の大学、専門学校で取得した単位について必修科目については単位認定を受けることが出来ます(一部授業料の返還があります)。
  • カリキュラムは年度により若干の変更がある場合があります。
目指す
主な
資格・検定
  • 取得できる資格は授業の選択の仕方で変わります。
  • 上記以外の資格についても取得可能なものがいくつかあります。

自然環境保全科Q&A

Q1.林業の公務員を目指していますが、なれますか。

A.当校では、公務員対策を行っております。主に教養試験対策を1年次前期、専門試験対策を1年次後期にやっており、2年次の9月に受験します。林業の公務員は、国家公務員一般職ですが、試験の問題のレベルは高卒程度です。問題は林業の専門試験の内容ですが、当校の自然環境保全科では林業実習もあり、講義と実習を合わせてより効率的に専門知識を身に着けることができます。

Q2.ビオトープの施工、管理関係の仕事に就くことはできますか。

A.自然環境保全科においては、ビオトープ論を学び、また環境復元実習を行います。加えて、ビオトープの施工設計にも必要なCAD設計演習も行います。それらの学習を踏まえることで、ビオトープの施工を行う会社へ就職をすることが可能です。具体的には、造園会社、土木会社になります。

Q3.アクティブ・レンジャーを目指していますが、どのような仕事内容で、どうすればなれますか。

A.アクティブ・レンジャーは、国立公園内の巡視、調査、自然解説、地域のボランティアとの連絡調整などを行う環境省の非常勤職員です。当校での講義や実習をもとに、その地域の自然環境を保護するための小論文や面接試験を受けて、合格することが可能で、当校では毎年のように合格者を輩出しています。

ページの
TOPへ