野外実習体験

  • HOME
  • 野外実習体験
実習

9月19日(土)森林の中で木工工作体験!

森林を守り・育てるために

森林を守り・育てるためには、さまざまな手入れが必要です。例えば、やぶが茂りすぎると光が下の方まで届きにくくなり、目標の樹木の成育が妨げられてしまいます。そのため、不要な植物を刈り払う作業=「下刈り(したがり)」や、同じく不要な樹木を刈り払う作業=「除伐(じょばつ)」が必要となります。

以前から下刈りや除伐作業は、森林を育てるためには重要でした。しかし、除伐された樹木に関しては、価値がないものとされ、ほとんど捨てられていました。最近ではこの除伐された材=「除伐材」を利用し、付加価値をつけることで除伐作業を進めよう、さらに言えば、森林の利用を活性化しよう、という動きが出てきました。


今回の実習体験で行うこと 

今回は本校から車で1時間ほどの場所にある五頭(ごず)森林実習場で行います。実際に演習林のスギ林(スギ人工林)に入っていただき作業をします。スギ人工林にはスギ以外にもたくさんの木々が生育しています。その中から木を選んで、除伐作業を体験していただきます。

オオバクロモジ、オニグルミ、ホオノキ、タラノキ、ヤマウルシなど、これから作るものを想像しながら、木を伐りましょう。(ヤマウルシはかぶれる方もいますので注意しましょう)樹種を見分けかたも学びます!

木工工作体験 

次に、除伐した細い木や枝から自分のお気に入りを選んでいただき、枝のお箸や木の小物を作ります。使う道具はノコギリ、ナイフ、カンナ、ドリルなどを使用します。ノコギリには生の木に使うもの、乾燥した木に使うものなどがあります。今回は生の木を扱うので生の木用のノコギリで作業します。 いろいろな種類の木を伐って加工して、硬さや香り、模様や色のちがいを楽しみながら学びましょう。木を知ることが森のこと、また森に関わる人のことを考えるきっかけになります。  

当日の服装は?

森に入り作業をしますので、長袖の服と足元が汚れても良い靴、ズボンをお持ちください。

当日のスケジュール

日程:9月19日(土)

・12:30~ 花園本校で受付開始

・13:00  本校のマイクロバスで出発

・13:50頃 森林実習場に到着

・14:00  林内散策、除伐作業開始

・14:30  工作開始

・15:00  現場出発

・16:00  花園本校に到着、解散 ※ご希望の方はAO面談、個別相談