オープンキャンパス

造園・緑化の仕事紹介

  • HOME
  • 造園・緑化の仕事紹介

造園業

どんな仕事

木の植栽や剪定、垣根の製作や石の据え付けなど、庭や公園を造る仕事です。
また、実際に作業するだけではなく、設計、施工、現場監督といった、工事を計画したり管理したりする仕事もあります。
ほかにも、測量をしたり、重機に乗ったり、庭や公園をデザインするなど、仕事内容は多岐にわたります。近年は、環境保全事業の一環でビオトープ造りやICT技術の導入などでドローンをあつかったデータ収集も普及してきました。
造園業は、お客様の要望や時代の変化に合わせ、緑と共生する社会づくりに貢献できる仕事です。

必要なスキル

植物の識別ができ、管理方法を理解している必要があります。また、段取り良く物事を進めていく計画力と、外仕事も多いので体力も求められます。CADや表計算ソフト、デザインの知識があるとよりよいです。お客様とのコミュニケーションを大事にできて、植物やその周りの環境を読み取れる力が備わると尚良いでしょう。

卒業生の声

造園士
奥川 三四朗さん

植木屋(種苗生産・販売者)

どんな仕事

明確な定義はありませんが、一般には、樹木や花、緑化・園芸資材に特化した造園屋です。植物を仕入れ、販売、植栽、管理をします。また、圃場を持っており、種子から育て販売したり、接木や挿し木などで増やし管理して、販売もしています。他にも、土、肥料、農薬、竹、縄など緑化で必要な資材や、ハサミやナイフ、鉢や支柱などの園芸用品も扱っています。

必要なスキル

植物の知識に加え、植え方や管理方法、品種の違いや水管理まで、幅広い知識が求められます。また、仕入れのタイミングを調整したり、販売や注文に関わる精算の業務もありますので、アルバイト経験が役立つことがあります。
植栽にかかわる多面的な知識と管理する体力、販売するコミュニケーション能力と商品知識があると良いでしょう。

フラワーショップ(花屋)

どんな仕事

花などの植物を市場や栽培業者から仕入れ、販売する仕事です。また、自社に温室や圃場を持っており直接生産したり、契約した栽培業者と直接取り引きをして販売する場合もあります。ただ、仕入れて販売するだけでなく、冠婚葬祭で使用する切り花や贈答品などのフラワーアレンジメント(花束)を作ったり、切り花だけでなく鉢物の管理をしたりします。

必要なスキル

植物の知識に長け、フラワーアレンジメントの技術が求められます。
また、お客様の要望に合わせて作ったり、センスよく魅せる技術が必要です。
その他、お客様とのコミュニケーション、花の管理、経営の知識など、様々な知識と技術があると良いでしょう。

公園・庭設計施工者

どんな仕事

公園や庭などを設計・デザインし計画を立てたり、その計画に基づいて、実際に施工(造ること)したりします。
設計・デザインは製図台やCADソフト用いて、デザインします。お客様の様々な要望を絵や設計図で表現します。
施工は設計図に基づき、実際に植栽したり、構造物を造ります。

必要なスキル

設計はイメージ力やデッサン力が問われます。
近年はCADソフト、3DCADソフトが主流で、データで設計図を作成します。
また、お客さんの要望を具現化できることが望ましいです。
施工は設計図から、実際に作り上げる為の計画力、安全管理、経費管理、人員管理、品質管理など、施工現場全体を監督し段取りを組む能力が求められます。
常に先を予測し、安全で高品質な施工ができるよう地域と技術、配慮が求められます。

公園管理

どんな仕事

より安全でより楽しんでもらうことができる公園づくりや管理する仕事です。
公園の維持管理や施設の修繕、イベント企画や運営をします。書類仕事から公園内のメンテナス、来園者との交流など、仕事内容は多岐に渡ります。

必要なスキル

来園者にいかに安全で楽しんでもらえるか、もてなしの心と配慮がとても大切です。また、公園管理において、企画書や計画書を作る段取りやPCのスキル、広報能力も求められます。さらに、来園者とのコミュニケーションや、来園者への危険やリスクの排除など、周囲との繋がりや細かい配慮、気付きがとても大切です。

樹木医

どんな仕事

公園や庭木などの植栽木や記念樹の計画・設計・保護・育成管理・指導・診断・治療などを行います。樹木に関するスペシャリストで、木のお医者さんです。町中に植えてある木はもちろん、記念樹や天然記念物の木など、文化的に価値のある守るべき木やその周囲の環境を多角的に調べ、治療します。また、植栽の際も、適した植栽方法を検討したり、管理方法を指導したりします。

必要なスキル

樹木の種類や特徴はもちろん、害虫や薬剤、土壌や菌類などの様々な知識が求められます。また、木の調査や研究にあたり、調査器具の使い方やデータの見方など、幅広い知識と技術が必要です。樹木医になるには通常7年の経験年数が必要ですが、樹木医補を取得すると、経験年数が1年に短縮されます。樹木医が植木屋や造園屋で活躍することが多いです。