学校法人 キャリアテクニカ学園 ロゴ

日本自然環境専門学校

自然環境保全をリードする人材を育てる「環境の総合専門学校」

icon

環境分析室


環境分析室
様々な分析機器が並ぶ

この部屋では主に機器を使用した環境中の成分の分析を行えます。基本的な機器は揃っているので水質、大気、土壌(有機元素・金属等)、食品(栄養成分・残留農薬)等を測定することが出来ます。実習のほか卒業研究などで使うことが多くあります。


水質の測定

HPLC
液体高速クロマトグラフィー(HPLC)

CODBOD等の手による分析のほか、機器分析ではTOCイオンクロマト等を使い一般的な水質測定項目のほとんどが測定可能です。機械の操作はそれほど難しくはなく、自動で測ってくれますが、正しい数値を得るためにはコンタミを防ぐための知識や技術など知らなければならないことが多くあります。


土壌の分析、植物の分析

CHNコーダ
CHNコーダー

CHNコーダーという器械を使うと、サンプル中の炭素・窒素・水素それぞれの原子の量を測ることが出来ます。例えば土壌を乾燥後CHNコーダーで分析すると土壌の肥沃度を知ることが出来ます。


汚染物質の分析

GCMS
ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)

その他に原子吸光やGC(ガスクロ)など様々な測定機器をそろえており、土壌や水中の有害金属、残留農薬などを測定することが可能です。