学校法人 キャリアテクニカ学園 ロゴ

日本自然環境専門学校

自然環境保全をリードする人材を育てる「環境の総合専門学校」

施設・設備紹介

J-ecoには専門的な実習を行うためのユニークな施設がいくつかあります。本校舎以外に自転車で行ける距離に弁天実習場があります。さらに新潟平野を見下ろす五頭山(←wikipedia)の麓にある「J-eco森林環境研修センター」にはマイクロバスで40分程度で行け、森林生態系の実習や林業の実習が行われます。

花園本校舎

map地図を見る。

環境分析室

環境分析室

環境分析室では河川や湖沼などの一般的な水質検査や土壌中の成分の分析、残留農薬など様々な化学分析を行うための器具や機械が揃っています。環境分析実習Ⅱではそれらの機器を用いた環境分析を学びます。また、そこで得た技術は卒業研究などで応用して実際の環境分析を行うこともあります。


生物飼育室

生物飼育室

この部屋では主に淡水魚、両生類、爬虫類、昆虫、小型哺乳類などを飼育できます。生物を飼育することにより、それらのより詳しい生態を知ることが出来ます。エアコン、ヒーターを完備しているので1年を通した飼育が可能となっています。


生態学実験室

生態学実験室

この部屋は主に生物の分類や生態に関する室内実習を行います。野外で採取した植物や昆虫を標本にしたり、実体顕微鏡を使用して同定作業などを行います。本校で所有している書籍もこの部屋に収蔵されており、生物や環境の本およそ1000冊が自由に閲覧できます。


環境実験室

環境実験室

環境園芸緑地科の土壌分析実習、植物形態・生態実習や環境ビジネス科の水質分析、リサイクル等の実習が行われます。機器はガスクロマトグラフィー(GC)や分光光度計、サーマルサイクラ(DNA増幅装置)、クリーンベンチなどが設置されています。


博物展示実習室

博物展示実習室

ビジターセンター等で行っている自然を解説するための展示の手法について、実践的に実習をする部屋です。通常はオープンキャンパスのメイン会場となっておりますので、説明会が始まる前の時間にぜひ制作物をご覧ください。


自習室

自習室

公務員サポートコースを選択している学生はこちらの部屋に専用の個人スペースをご用意します。放課後などはその他の学生もeラーニングシステムを利用して資格試験対策なども出来ます。


コンピュータ室

コンピュータ室

花園本校舎には2つのコンピューター室があります。それぞれのコンピューターには個人では購入できないような高価なソフトがインストールされており、放課後や部屋が空いている時間帯には自由に使うことが出来ます。
個人用のノートパソコンについては本校舎の全部屋で無線LANが完備されているので登録すればいつでも自分のPCでネットが出来ます。


弁天実習場

map地図を見る。

植生復元研究棟

植生復元研究棟

大きなガラス温室で、半分を園芸植物の実習用に、もう半分を絶滅危惧植物の増殖実験や植生復元の実験に用いています。大型温風機を使用することで、冬場でも植物の栽培が可能で年間を通した実習が出来ます。


園芸技術実習棟

園芸技術実習棟

建物は上記と同じですが500種類を超える園芸植物を栽培しており、植物の栽培技術のみでなく温室の管理等、施設園芸についても学ぶことが出来ます。


環境教育実習棟

環境教育実習棟

新潟の農村から移築した古民家で、環境教育イベントの会場になります。中には木工工芸室や簡易調理設備があり、食育に関するイベントや工作に関するイベントがメインで行われます。


造園実習棟

造園実習棟

茶室を備えた古民家の周りに日本風庭園と「造園花木園」が併設されています。造園花木園では国内で使われる造園花木がたくさん植栽されており、それぞれの樹木の管理方法について実習できます。


環境保全・復元実習池

環境保全・復元実習池

野生動植物の保全、復元を目的とした水辺ビオトープです。環境復元実習ではこのビオトープを実際に設計したり工事したりします。自然に優しいビオトープを創るには、野生動植物の知識に加えて、土木、造園の複合的な技術が要求されます。


エコハウス実習棟

エコハウス実習棟

この施設では太陽光発電及び風力発電の取り付けや管理、利用方法の実習が出来ます。また、屋根の緑化や疑似屋上を利用した屋上緑化の施工方法やその効果測定について実習をし、地球温暖化を防止するための技術について学べます。


水生生物飼育棟

水生生物飼育棟

この施設では淡水魚のほか、水槽展示やビオトープ植栽用の水草の栽培をしています。外部からの依頼で移動水族館などを行う場合はこちらにストックしている個体を使います。管理は卒業研究で魚類を専攻している学生を中心に行っています。


工作室

工作室

ビオトープに使用する資材の加工やエクステリア資材の加工、木工工作や金属加工など実習にともなう工作物の製作を行う場所です。各機械について実習または講習を終えた学生については本校教員の許可をとれば自由に使用することが出来ます。


圃場

圃場

圃場では園芸植物にとどまらず一般的な野菜の栽培もおこなわれています。ここで収穫された野菜類は育てた人たちで年に1回収穫祭を行い楽しくいただきます。また、林業で植樹するための苗木の栽培や管理もこちらの圃場で行っています。


建設機械・車両等

建設機械・車両等

造園作業やビオトープ工事、林業など人力だけでは限界があります。普通現場では様々な建設機械が使われ、それぞれ資格が必要となります。本校のカリキュラムでは必要最低限の資格は取得できるようになっています。また、資格を取得していても機械を操作できなければ意味がないので資格保有者には実習で実際にどんどん使わせます。


東大通校

map地図を見る。

多目的教室

建設機械・車両等

こちらの校舎では社会人向け講座や委託訓練、コンピューターの資格の検定試験会などが開催されています。普通教室とコンピュータ室がいくつかあります。


森林環境研修センター

map地図を見る。

センターハウス

センターハウス

宿泊可能な山小屋調の建物で、一般の方が利用できるカフェを併設しています。


付属演習林

付属演習林

樹齢40年程度のスギが主な構成の演習林で、林業の実習を行います。ここで伐採した木材は自分たちで製材してビオトープの材料や工作の材料等として利用します。