オープンキャンパス

【奄美】亜熱帯生態系実習

  • HOME
  • 【奄美】亜熱帯生態系実習 2日目レポート②
2日目 お楽しみ!夜の自由時間!

日中の体験は終わりで、夜はナイトツアーです!この日は全員を半分に分けて、さらにその半分を3班に分けて行いました。残りの班は明日です。

3班を見送った後は、残りの学生は自由時間で私も時間があります。そこで、ホテル裏の裏山へと続く道に行ってみることにしました。

学生が前日行って、イボイモリやアマミタカチホヘビ、キノボリトカゲを見たと聞いていたので期待大です。(※ハブに注意するため、舗装されている道のみで自由行動可としています。)

数mも歩くとアマミサソリモドキ(サソリモドキの中では唯一日本本土に生息)が!これは期待できる・・・?

アマミサソリモドキ イモリ

▲ヤモリ発見。これは在来?外来??

ツマムラサキマダラの幼虫

▲キラキラに輝くさなぎを発見!

あとで学生にツマムラサキマダラだと教えてもらいました。

オオゲジ

▲でかい、ゲジまでもでかい!手のひら位あります。スケールが違います!

オオゲジです。

巨大G

▲巨大なGが・・・・。(クリック注意!)

Gはアップで載せられないので、フォトショップでステンドグラス加工にしてみました。ただ、j-eco生の中にはGが大好きな人もいるので、加工なしをご覧になりたい方はクリックしてください。

この日一番の収穫がこれ!

アマミタカチホヘビです。めったに見れないようなので、見れて満足です。まだ幼蛇でしょうか、15㎝くらいしかありませんでした。※観察後は逃がしました。

やはり自分で色んな生物を探して観察するのは楽しいですね😆

その後は、島料理を堪能しに行きました。2日目と3日目の夜の自由時間では、夕食は自分たちで選んで食べます。お店で買ってきても外食に行ってもOKなのです。

ホテルの周りにはたくさんのお店があるので、食べる場所は困りませんでした。

島料理

▲トビンニャ、クルマエビ、タナガ

「トビンニャ」はテラダ貝のことらしいです。上手く中身を出せなかった💦新潟でいう、バイ貝でしょうかね。

「タナガ」はなんだか分からず頼んだのですが、「テナガエビ」のことらしいですね!クルマエビも頼んでしまっため、エビのから揚げが2品という結果に😳

奄美はテナガエビを養殖しているそうです。なのでこんなに安くおいしい車海老料理がいただけるのですね。

島料理とラーメン

▲こちらは2年生からもらった写真です。島料理屋に行ってお刺身や馬刺し、鳥刺しを食べたそうです(豪華!)ラーメンもおいしそう😋

食事中、どんどん送られてくるナイトツアーの写真を見て嫉妬(笑)

LINEでの会話

点呼の際、ナイトツアーに行った班はツアーの様子を興奮気味に話していました。アマミノクロウサギが15頭くらい見れたとか!本当にそんなに見れるの!?

実は・・・明日のナイトツアーは大雨予想なんですよね・・・😭大雨ってなかなか見ないマークです・・・。うーん、アマミノクロウサギ見れるかな。明日の天気が回復することを期待です。