学校法人 キャリアテクニカ学園 ロゴ

日本自然環境専門学校

自然環境保全をリードする人材を育てる「環境の総合専門学校」

Q&A集

入試・入学に関する よくある質問と答え

諸経費の詳細について

教材の一部
自然環境保全科の1年前期にお渡しする教科書・教材の一部

教科書について

例として自然環境保全科の1年次では最低でも教科書代で73,300円(2014実績)かかります。高いものだと1冊あたり8,190円もします。特に生物関係の図鑑類は高価なものが多いのですが、各個人で所有する意義があります。

個人の作業着・道具類

実習時に着用する、作業着、ヘルメット、安全対策用品などは約18,000円かかります。その他作業道具などの経費がかかります。

交通費・宿泊費について

自然環境保全科1年次は宿泊を伴う遠方での合宿が5回あり、その合計は最低金額で90,797円(2014実績)でした。本校では近距離の移動については自社保有のマイクロバスを利用しての移動がほとんどですので、一部の大学や専門学校と異なり自費での現地集合を行うことはありませんので、これ以上の経費は基本的に発生しません。

個人のノートパソコン・デジタルカメラについて

課題例
高山実習のレポート例(クリックで拡大)

デジカメ・パソコンを使う課題の例

左の写真は自然環境保全科・環境教育科・自然環境研究科の高山実習での課題です。高山で植物を調査し、確認できた植物の写真と特徴をまとめてレポートとして提出します。

どのようなデジカメが良いのか?

現在の在校生をみると、所有しているデジカメの種類は、安いものであれば1万円程度、高いものであれば一眼レフカメラでセットで30万円程度のものと様々です。人によってはスマートフォンを利用する人もいますが、きちんとした写真を撮るには2万円~3万円までのコンパクトデジカメ(防水)がオススメです。きれいな写真が撮れる一眼レフカメラも安くなり5万円程度でセットが手に入りますが、重いのが難点です。入学後、カメラについての説明もしますので相談してください。

パソコンについて

本校にはコンピュータ教室が2部屋あり、空いている時間であれば自由に使用できます。したがって、強制的に購入を勧めるわけではありませんが、社会人になってからもパソコンのスキルは絶対的に必要なので自分で、ぜひ所有し詳しくなるのがオススメです。また、課題を行うにも自宅や友人で集まって出来るので効率的です。

※屋外で環境測定装置の制御や鳥の鳴き声の解析など、屋外や現場でパソコンを使用する実習もいくつかあります。その場合個人のノートパソコンを使用しますが、無い方については一時的にノートパソコンの貸し出し(有料の場合あり)もあります。

どのようなパソコンが良いのか?
標準的なものでは7万円~10万円程度のノートパソコンが良いと思います。安いものであれば4万円程度からあります。最近はタブレット型のパソコンも多いので、下記の条件を満たせばそちらでも大丈夫です。

本校で推奨するパソコン(タブレット)の条件
・windows8.1以上を搭載
・タブレットではUSB端子(MiniもOK)があるもの
・無線LAN 搭載

当校の推奨モデルのご紹介もしていますのでお気軽にお尋ねください。

個人用パソコンについては学校の無線LANに接続し、インターネットやプリンターなどを利用することが出来ます。(無料)