オープンキャンパス

自然公園の仕事紹介

  • HOME
  • 自然公園の仕事紹介

公園管理者

どんな仕事

国営公園から市町村管理の公園まで様々あり、仕事は多岐にわたります。公園の安全管理、草刈り等の公園管理、生き物や管理面での情報収集と発信、イベントの計画・実施、ボランティアの調整などがあります。また、建物の維持管理や展示物の作成を行なうこともあります。その一部を担うこともありますし、ほぼ全てにたずさわることもあります。
その公園を訪れる人に、その公園や自然が素晴らしいということを伝え、親しんでもらうことが仕事の大きな目標です。

必要なスキル

自然が相手ではあるが、人とのコミュニケーション能力が必要。自然の知識に関して、ひとつ得意分野がありつつ、幅広く、また環境問題に関しての司式があるといいです。また、簡単な草刈りをすることも多いので、草刈りの機械が使えるといいです。

自然ガイド

どんな仕事

その地域の自然のすばらしさを伝える仕事。自然を守る第一歩として「知る」ことが重要なので、参加者にガイドを楽しんでもらって自然保護につなげる狙いがあります。NPOや公園の職員になり、仕事の1つとしてガイドを行う場合も多いです。

必要なスキル

その場所をよく知っていることが重要です。そのため、自分がその場所をじっくり調べてよく知る必要があります。動植物の知識のほか、歴史や地学などの知識もあるといいですね。